赤ら顔を治療する


赤い顔とは、症状がはっきりしていて、頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。 お化粧でカバーしても結構目立つように感じてしまう方もおられるのではないでしょうか。 赤い顔の原因もそれぞれです。原因に合った治療を選ぶ必要があります。 治療せずに放っておくと悪化し、そのうち消えずに残るようになります。

赤ら顔とは、赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見えている状態です。頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。一般的に、毛細血管末梢と言う微小な皮膚の血管の拡張で、引き起こされるものを言います。体温が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに、頬の皮膚の毛細血管が拡張することによって頬の赤さが強調されて起こるものです。

赤ら顔の原因は、なんでしょう。寒冷地、特に寒風のある地方で育った場合には、ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態、皮膚萎縮が生じた場合(ステロイド外用剤、放射線照射等の影響)、にきび跡など炎症後に生じた赤みの場合、過勤務や老化、紫外線による肌のダメージや生活週間などが、赤ら顔の原因になることもあります。

スキンケアアドバイスとしては、皮膚を刺激するような洗顔方法は症状を悪化させますので控えましょう。外的刺激としての温度変化は避けることが賢明です。アルコール飲料、香辛料などの刺激物は避けましょう。精神的なストレスも悪化要因になりますので、普段の生活から充分に注意しましょう。

赤ら顔は専門的に治療をしている医療機関が少ないのですが、フォトフェイシャルの光で余分な血管を収れんさせたり、フォトRFという最新式光治療機器などによって、赤ら顔に悩む患者さんの治療を行っている医療機関もあるようです。

山中皮膚科スキンケアクリニック 北海道 札幌

お肌のトラブルは山中皮膚科スキンケアクリニックにおまかせください!

●山中皮膚科スキンケアクリニック 北海道 札幌

治りにくいニキビも光線治療、イオン導入、レーザー治療などを組み合わせることにより、
かなり改善されますので、お悩みの方は、是非一度ご相談ください。
各種の「あざ」に対するレーザー治療も多数行っています。
また、「赤ら顔」の治療が「オントナ」に掲載されました。
「あざ」や「赤ら顔」でお悩みの方もお気軽にご相談ください。
また、寝たきりで病院に行けない方には往診も行っています。
往診希望の患者様はクリニックにご相談ください。
ニキビの光線治療、イオン導入、レーザー治療、レーザー脱毛は希望する方が多く、
予約制にて治療を行ってますので、ご希望の方はクリニックにお電話ください。
自費診療につきましては一部のクレジットカードが使えますので、ご利用ください。

診療内容:
皮膚科
湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、乾癬、白癬(水虫)、ニキビ、ほか皮膚疾患全般

形成外科
皮膚腫瘍切除手術全般
レーザー治療
赤あざ(単純性血管腫、いちご状血管腫、毛細血管拡張症)青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑等)、ほくろ(色素性母斑)、そばかす(雀卵斑)、シミ、イボ、刺青、
ニキビ、ケロイド、脱毛等


山中皮膚科スキンケアクリニック 北海道 札幌
住所:
札幌市手稲区前田4条11丁目6番1号 ワタナベビル2階
電話:
011−695−4112 
FAX:
011−695−4113
アクセス:
JR手稲駅北口より徒歩約8分(手稲駅より北口2の横にある連絡通路から区役所方面へ歩いて、下記の地図の通りお越しください。
車でお越しの際は国道5号線から道道石狩手稲線に入るとすぐです。(駐車場はセイコーマート裏とレンタルビデオショップ前の2箇所にあります)
http://www.webwork-nws.com/users/yamanaka/map.html続きを読む
posted by 赤ら顔 改善 治療 対策 | 北海道 札幌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。