赤ら顔を治療する


赤い顔とは、症状がはっきりしていて、頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。 お化粧でカバーしても結構目立つように感じてしまう方もおられるのではないでしょうか。 赤い顔の原因もそれぞれです。原因に合った治療を選ぶ必要があります。 治療せずに放っておくと悪化し、そのうち消えずに残るようになります。

赤ら顔とは、赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見えている状態です。頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。一般的に、毛細血管末梢と言う微小な皮膚の血管の拡張で、引き起こされるものを言います。体温が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに、頬の皮膚の毛細血管が拡張することによって頬の赤さが強調されて起こるものです。

赤ら顔の原因は、なんでしょう。寒冷地、特に寒風のある地方で育った場合には、ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態、皮膚萎縮が生じた場合(ステロイド外用剤、放射線照射等の影響)、にきび跡など炎症後に生じた赤みの場合、過勤務や老化、紫外線による肌のダメージや生活週間などが、赤ら顔の原因になることもあります。

スキンケアアドバイスとしては、皮膚を刺激するような洗顔方法は症状を悪化させますので控えましょう。外的刺激としての温度変化は避けることが賢明です。アルコール飲料、香辛料などの刺激物は避けましょう。精神的なストレスも悪化要因になりますので、普段の生活から充分に注意しましょう。

赤ら顔は専門的に治療をしている医療機関が少ないのですが、フォトフェイシャルの光で余分な血管を収れんさせたり、フォトRFという最新式光治療機器などによって、赤ら顔に悩む患者さんの治療を行っている医療機関もあるようです。

医療法人 高橋皮ふ科医院 福岡

赤アザ(血管腫)赤ら顔のレーザー治療(高橋皮ふ科 柳川)

●医療法人 高橋皮ふ科医院 福岡

◆柳川クリニック 
〒832-0045 福岡県柳川市本町6-1 TEL:0944-74-4155
◆薬院クリニック
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル2階 TEL:092-737-1881

赤アザは保険で治療ができます

赤アザや毛細血管拡張症の治療はダイレーザーを使用します。
このレーザーの治療は健康保険の適用を受けています。
高橋皮ふ科医院では赤あざ(血管腫)・赤ら顔のレーザー治療を保険診療でおこなっています(保険診療の対象疾患は、単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張症です)。上記の疾患は3ヶ月に1回の保険による治療が認められています。
費用は赤あざの面積によって異なります。


診療科目 皮膚科・形成外科・アレルギー科
診療時間 平日  9時〜13時  15時〜18時(木曜日午後は休診)
土曜  9時〜12時  13時〜15時

診療内容 @皮膚科・形成外科・アレルギー科の一般外来診療
A美容皮膚科専門外来
 ・手術後の美容的な効果を重視した形成外科的日帰り外来手術
 ・あざ・シミ・ほやけなどに対するレーザー治療外来
 ・安全確実にムダ毛を処理する医療レーザー脱毛外来
 ・加齢から皮膚を守り健やかな状態に保つアンチエイジングケア外来
 ・新陳代謝を高めて健康な皮膚を維持するケミカルピーリング外来
 ・美容皮膚科領域で現在話題の最先端治療フォトスキンセラピー外来
 ・アレルギーフリー素材の使用で安心施術ピアッシング外来

予約等 一般外来診療は受付順におこなっています。
予約診療(再診のみ)も受け付けいたします。
ピーリングと外来手術は原則として予約制です。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

医療法人 高橋皮ふ科医院 福岡
柳川クリニック 
〒832-0045 福岡県柳川市本町6-1 TEL:0944-74-4155
TEL 0944 (74) 4155

スキンケア用品 クリニック内の売店で化粧品をはじめとしたスキンケア用品を販売しております。

交通案内 柳川市本町6-1 (伝習館高校正門前)

車でお越しの方
京町商店街通り辻町交差点から南50m
市役所交差点から北100m

バスでお越しの方
西鉄柳川駅からバス3分辻町バス停下車(バス停正面)
posted by 赤ら顔 改善 治療 対策 | 福岡 博多
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。