赤ら顔を治療する


赤い顔とは、症状がはっきりしていて、頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。 お化粧でカバーしても結構目立つように感じてしまう方もおられるのではないでしょうか。 赤い顔の原因もそれぞれです。原因に合った治療を選ぶ必要があります。 治療せずに放っておくと悪化し、そのうち消えずに残るようになります。

赤ら顔とは、赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見えている状態です。頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。一般的に、毛細血管末梢と言う微小な皮膚の血管の拡張で、引き起こされるものを言います。体温が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに、頬の皮膚の毛細血管が拡張することによって頬の赤さが強調されて起こるものです。

赤ら顔の原因は、なんでしょう。寒冷地、特に寒風のある地方で育った場合には、ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態、皮膚萎縮が生じた場合(ステロイド外用剤、放射線照射等の影響)、にきび跡など炎症後に生じた赤みの場合、過勤務や老化、紫外線による肌のダメージや生活週間などが、赤ら顔の原因になることもあります。

スキンケアアドバイスとしては、皮膚を刺激するような洗顔方法は症状を悪化させますので控えましょう。外的刺激としての温度変化は避けることが賢明です。アルコール飲料、香辛料などの刺激物は避けましょう。精神的なストレスも悪化要因になりますので、普段の生活から充分に注意しましょう。

赤ら顔は専門的に治療をしている医療機関が少ないのですが、フォトフェイシャルの光で余分な血管を収れんさせたり、フォトRFという最新式光治療機器などによって、赤ら顔に悩む患者さんの治療を行っている医療機関もあるようです。

共立美容外科 仙台院 宮城 東北

赤ら顔 宮城・仙台を中心に東北随一の信頼と実績を誇る美容外科です。

●共立美容外科 仙台院 宮城 東北

わきが多汗・脂肪吸引・レーザー治療・豊胸で有名な『共立美容外科仙台院』診療内容
美容外科・形成外科・口腔外科・美容歯科・矯正歯科

XEOによる赤ら顔の治療

実際の手順
1)赤ら顔の部分をよく見てみると、細かい血管が浮いてみえます。表皮に近い血管は、直接みることができますが、
深部の拡張した血管は、境界不鮮明なボーとした赤となります。
2)ここにXeoを照射します。
3)たった一度の照射で拡張した血管が消失しました。かさぶたは出来ません。
4)照射後、Cooling Deviceで皮膚を冷却します。

解説
赤ら顔の治療でカンセリングを御希望の方に、ビデオをお見せしております。
このビデオでは、小血管が消失していく様子が鮮明に記録されております。
レーザーを照射した後、新しく開発されたCooling Deviceで皮膚を冷却しております。
皮膚が殆どダメージを受けていないことがわかると思います。
少し前までは、血管病変の治療というと、ロングパルス・ダイレーザーが主体でした。
このレーザーは、波長が短いので、大部分のエネルギーが皮膚の表層に吸収されておりました。
その結果、皮膚は真っ黒に焼けただれ、火傷の跡や色素沈着、色素消失などが頻繁に出現しました。
実際の治療をビデオで見ると、いかにロングパルス・YAG(XEO)がいかに優れているかが、実感できると思います。

共立美容外科 仙台院
■住所 〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区 榴岡2-1-20 HPビル4F
■最寄駅 JR仙台駅、地下鉄仙台駅
■休診日 年中無休(土日も診療)
■受付時間 9:00〜20:00
■カード等 医療ローン
http://www.s-kyoritsu.com/
posted by 赤ら顔 改善 治療 対策 | 宮城 仙台
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。