赤ら顔を治療する


赤い顔とは、症状がはっきりしていて、頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。 お化粧でカバーしても結構目立つように感じてしまう方もおられるのではないでしょうか。 赤い顔の原因もそれぞれです。原因に合った治療を選ぶ必要があります。 治療せずに放っておくと悪化し、そのうち消えずに残るようになります。

赤ら顔とは、赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見えている状態です。頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。一般的に、毛細血管末梢と言う微小な皮膚の血管の拡張で、引き起こされるものを言います。体温が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに、頬の皮膚の毛細血管が拡張することによって頬の赤さが強調されて起こるものです。

赤ら顔の原因は、なんでしょう。寒冷地、特に寒風のある地方で育った場合には、ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態、皮膚萎縮が生じた場合(ステロイド外用剤、放射線照射等の影響)、にきび跡など炎症後に生じた赤みの場合、過勤務や老化、紫外線による肌のダメージや生活週間などが、赤ら顔の原因になることもあります。

スキンケアアドバイスとしては、皮膚を刺激するような洗顔方法は症状を悪化させますので控えましょう。外的刺激としての温度変化は避けることが賢明です。アルコール飲料、香辛料などの刺激物は避けましょう。精神的なストレスも悪化要因になりますので、普段の生活から充分に注意しましょう。

赤ら顔は専門的に治療をしている医療機関が少ないのですが、フォトフェイシャルの光で余分な血管を収れんさせたり、フォトRFという最新式光治療機器などによって、赤ら顔に悩む患者さんの治療を行っている医療機関もあるようです。

美容皮膚科山本可菜子皮フ科クリニック 神戸

赤ら顔:大阪・神戸三宮で美容皮膚科なら兵庫県神戸市元町の美容皮膚科山本可菜子皮フ科クリニック

●美容皮膚科山本可菜子皮フ科クリニック 兵庫 神戸

美容皮膚科では皮膚疾患・脱毛レーザー・メディカルエステ・ニキビ・ニキビ跡・肌荒れ・しみ・しわ・ほくろなど、女性医師が様々なトラブルに応対

赤ら顔は皮膚の毛細血管が増え・拡張し、両頬が赤く見える症状です。皮膚の薄い方、思春期から赤みが目立つ方、加齢により血管が拡張し赤みが徐々に目立ってくる方などいろいろあります。
赤ら顔の中でも、拡張した皮膚の毛細血管が透見できるような場合はV-beamレーザーが効果的です。頬全体が均一に赤みを帯びているような方はV-beamレーザー以外にフォトRFやロングパルスYagレーザーの治療をお勧めします。

美容皮膚科山本可菜子皮フ科クリニック 兵庫 神戸

〒650-0037
神戸市中央区明石町32番地明海ビル7F
(BLOCK32−大丸南横−ビル1Fのフェラガモブティック目印)
Tel.078-335-0533
Fax.078-335-0544
E-mail:yamamoto@kanako-clinic.com

●JR・阪神元町駅 徒歩3分
●JR・阪急三宮駅 徒歩10分
●阪神高速3号神戸線京橋IC 車3分

http://www.kanako-clinic.com/shinryou/akarakao.html
posted by 赤ら顔 改善 治療 対策 | 大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。