赤ら顔を治療する


赤い顔とは、症状がはっきりしていて、頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。 お化粧でカバーしても結構目立つように感じてしまう方もおられるのではないでしょうか。 赤い顔の原因もそれぞれです。原因に合った治療を選ぶ必要があります。 治療せずに放っておくと悪化し、そのうち消えずに残るようになります。

赤ら顔とは、赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見えている状態です。頬や鼻、額などがほんのりと赤らむというものです。一般的に、毛細血管末梢と言う微小な皮膚の血管の拡張で、引き起こされるものを言います。体温が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに、頬の皮膚の毛細血管が拡張することによって頬の赤さが強調されて起こるものです。

赤ら顔の原因は、なんでしょう。寒冷地、特に寒風のある地方で育った場合には、ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態、皮膚萎縮が生じた場合(ステロイド外用剤、放射線照射等の影響)、にきび跡など炎症後に生じた赤みの場合、過勤務や老化、紫外線による肌のダメージや生活週間などが、赤ら顔の原因になることもあります。

スキンケアアドバイスとしては、皮膚を刺激するような洗顔方法は症状を悪化させますので控えましょう。外的刺激としての温度変化は避けることが賢明です。アルコール飲料、香辛料などの刺激物は避けましょう。精神的なストレスも悪化要因になりますので、普段の生活から充分に注意しましょう。

赤ら顔は専門的に治療をしている医療機関が少ないのですが、フォトフェイシャルの光で余分な血管を収れんさせたり、フォトRFという最新式光治療機器などによって、赤ら顔に悩む患者さんの治療を行っている医療機関もあるようです。

シロノクリニック大阪 梅田 関西

赤ら顔・毛細血管拡張症治療|レーザー治療「シロノクリニック大阪」

●シロノクリニック大阪

赤ら顔・毛細血管拡張症治療
気になる赤ら顔・赤鼻もレーザー治療で解消します!
赤ら顔(毛細血管拡張症)の治療は、一般的に電気分解法などを行っている医療施設がありますが、数種類の最新レーザー機器を上手にミックスして複合治療を行うのが解決への近道です。


赤ら顔・毛細血管拡張症の治療法フォトリバースレーザー法血管中のヘモグロビン赤色素に吸収性が高い595nmの波長に、皮膚へのダメージが少ない20〜40msecの波長を持ち合わせた高性能のレーザーです。治療後ガーゼも不要、お化粧も可能となります。

V-Star レーザー(高出力レーザー)皮膚の血管に(血管中のヘモグロビン赤色素のみ)吸収性が高い高出力レーザー治療とフォトリバース法によるマイルドな血管破壊を症状に応じて行います。

ロングパルスヤグレーザー表面上に浮いている糸状の血管であれば、血管に沿って数ミリ間隔でレーザーを当てていくだけで、瞬時に血管は縮んで消滅されます。

ダイオードーレーザー(低出力レーザー)緊張やほてりで浮きやすい皮膚の赤みにはダイオードーレーザー(ソフトレーザー)による血行代謝改善の治療を行います。体質的にできやすい赤ら顔にはこの治療で充分対応可能です。


ヒルトンプラザのレーザー治療 シロノクリニック大阪
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4F
Tel:06-6348-1403
(フリーコール)0800-222-1112
Fax:06-6345-0155
URL:http://www.mbsq.com/shirono/ 
E-mail:osaka@ci-z.co.jp
posted by 赤ら顔 改善 治療 対策 | 大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。